現役溶接工作が教える、現場溶接工の仕事内容と魅力

近年におきましては溶接工の作業者も増えており溶接作業する製品につきましても色々な業界によって作業されています。また、日常生活にある身近な物でも溶接はされています。また溶接作業では特殊な溶接作業もありますので魅力ややりがいもあるのです。

ここで現役溶接工の私が溶接工の魅力ややりがいをご紹介したいと思います。

自分だけの技術を習得できる

溶接作業におきましては、半自動溶接、ハンダ溶接、ガス溶接、アーク溶接等の溶接があります。

溶接作業におきましてはそれぞれの資格が必要となってきます。その溶接の種類や溶接作業によって自分自身の技術を習得できます。

ですが溶接の資格があるからと言ってその人の溶接作業が外観が良いとは限りません。

溶接には訓練と経験が必要で、訓練や経験しだいで誰でも外観の良い溶接ができるようになります。

その為自分だけの技術が習得でき日々自分の技術の進歩も図れるのです。

また、資格取得をした人が溶接を始めた場合や新入社員等でも訓練や教育次第によっては熟年者よりも溶接技術が進歩する可能性がありますので溶接工の仕事にはやりがいがあるのです。

給料の待遇が変わる

溶接工の仕事には給料面でも大きく変わってくるのです。溶接工の溶接には時に歯4人命に関わる部品の溶接をしなければならない時がありますので、そういった作業におきましてはそれなりの技術と溶接外観が重要となりますので、給料面でも大きく変わってくるのです。

この作業をするにはそれなりの訓練と溶接が出来るだけではなく溶接内部の引っ張り試験での溶接外観や強度テストも出来る人材が必要となりこれらが出来ないと、この溶接作業は出来ないので特定での作業となり待遇も十分に良くなっているのです。

幅広い分野で働ける

溶接工作業におきましては幅広い職種にて対応出来ます。建築業界や工業業界や船舶業界や航空業界や鉄道業界等幅広い分野にて溶接作業は必要とされています。

就職する時にも沢山の選択肢があり自分の持っている溶接工の資格や技術やスキルに応じて選択肢が増えてきます。また溶接工の資格を持っている事によって企業との契約でも仕事を受注する事が可能となっています。

この場合におきましては資格の種類やその人の技術にもよります。

溶接工は幅広い分野で就職先もあり選択肢が多くなってきますのでやりがいのある職種となってくるのです。

溶接作業以外の作業も出来る

溶接工の作業としては溶接中心の作業となってきますが、それ以外でも仕事をする事が有ります。溶接作業をする上で溶接後に穴加工や曲げ加工をしなければならない時がありますので、そういった時にはプレス加工等の仕事も追加されます。

また、溶接する際に熱で材料が熱くなり、材料が反ってしまう場合がありますのでそんな時には溶接直後にその反りを修正する作業も行わなければならないのです。

この作業におきましては溶接工作業者であれば必ず行わなければならない作業になってきますので、溶接以外の技術も習得出来る事がやりがいとなってくるのです。

産業用ロボット操作も出来る

溶接工作業者の中には産業用ロボット操作をする人もいます。数の多くある製品や溶接数の多い製品については、産業用ロボットにて溶接を行う時があります。

この産業用ロットの作業につきましては基本的に溶接工の仕事となりますが、産業用ロボットに溶接個所を教え込むプログラムを作成する場合に関しましては産業用ロボット操作の資格が必要となってきます。

産業用ロボットを操作するだけであれあば産業用ロボットの資格だけを持っていればいいのですが、溶接が関わってきますと溶接工の資格も必要になってくるのです。

ロボットに溶接の指令の信号や溶接個所を教え込み溶接をするプログラムを作ることになり、ここでもやはり自分の技術を試せることになりやりがいとなります。

検査作業で異常を見つける

溶接工の作業には検査作業という工程もあります。その検査作業では溶接外観を見るだけではなく溶接の強度や溶接の質についても検査する事になるのです。

この検査作業において溶接部をカットしますので、溶接内部を確認したり溶接不良を見つけたりすることになり、ここで検査ミスが発生してしまいますと、お客様に迷惑を掛けてしまう場合がありますのでここでも自分の溶接外観を見る技術が試されるのです。

溶接不良は素人が見ても画館はわかるかと思いますが、細かい部分につきましては判らないので溶接工独自の目で見て判断する事になりますので重要な作業となり、溶接の技術を習得する一つの方法でもあり自分だけしか判らない外観不良を見つける事も可能となっていますのでやりがいとなります。

まとめ

溶接工作業では溶接作業以外にも作業が沢山ありますので、溶接工の技術を習得するとともに沢山の事を学べます。また溶接工の資格と共用する事によって作業も沢山増えてきますので自分にしかない技術も習得する事が可能です。

その事によって将来に出来る仕事も増えてきますし、色んな業界の企業に就職する事も可能です。溶接には色々な溶接方法や溶接の資格もありますので自分が得意とする分野を1点に絞り技術を磨きその溶接で作業をしていく事も可能となっていますので溶接工の仕事には魅力もありますし、やりがいも出てくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です