自宅にたまった本を、処分・電子化してスッキリ整理する方法

 

長年買いそろえた本が部屋いっぱいにたまってしまった、何とか整理したい。読書好きな人なら、よくある悩みだと思います。

この記事では、そんな部屋いっぱいにたまってしまった多くの本を処分・電子化して、スッキリ整理する方法をお伝えします。

整理という観点で、無料・短期間でできる方法から、お金をかけてじっくり取り組む方法まで、一通り解説していきますので、この問題でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

不要な本を売って処分する

本を整理するにも、いくつかの方法があると思います。一番手っ取り早いのは、古書店やブックオフなどに持って行って、ごっそりと売ってしまうことです。

場合によっては、出張買取をお願いして業者に自宅まで来てもらうことで、家にいながらにして整理することも可能です。

とにかく時間をかけずに部屋をスッキリさせたいという場合は、こうした方法が一番でしょう。

デメリットとしては、売ってしまうのでその本を二度と読めなくなってしまうこと、二束三文で買い叩かれてしまうことが挙げられます。

もし、時間に余裕のある方でしたら、不要な本をメルカリやヤフオク、Amazonに出品するという手もあります。

こうすることによって、古書店やブックオフに売った時の何倍も高い値段で、お得に整理することができます。

中には、これをきっかけとしてネット古書店をはじめる方もいます。

まさに、趣味と実益をかけた取り組みと言えます。デメリットとしては、出品作業や購入者との連絡のやりとり、発送作業などが発生して手間がかかることが挙げられます。

残したい本を電子化する

以上、不要な本については、先の方法で整理が可能です。

ただ、所有している本の中には、売りたくない本も多数あると思います。

中には、そうした本だけで、部屋が占拠されてしまっている、そんな方もいるかも知れません。

つまりは、売りたくないけど整理もしたい、そうした場合におすすめなのが、書籍の電子化サービスを行っている業者に、本を送ってしまうことです。例えば、BOOKSCANという業者なら、1冊100円から書籍の電子化が可能です。

ただ、この場合の落とし穴として、雑誌は電子化ができないという点があります。

その原因は著作権です。雑誌は、様々な著者・漫画家・広告などが寄せ集まってできているので、そこに含まれる著作権が多すぎて、書籍の電子化サービスを行っている業者では対応ができないのです。

このため、雑誌を電子化したいということになると、自分自身で電子化を行う、「自炊」と呼ばれる作業を行う必要が出てきます。

この時に必要になってくるのが、ドキュメントスキャナーと裁断機です。

ドキュメントスキャナーは30枚くらい連続でスキャンできるもの、裁断機は400ページくらいを一気に裁断できるものがおすすめです。

どちらも値が張るものですので、平均して6万円くらいの予算が必要になります。

このようにお金もかかるのですが、何より大変なのは自分自身で1冊1冊電子化する作業をすることで、つまり手間と時間もかかってくるのです。

電子化に伴う問題を処理する

 

こうなってしまうと、面倒で気後れしてしまうという人も少なくないかも知れません。

その場合、自炊は本当の最終手段と考えておいて、とりあえず電子化可能な書籍だけでも、業者に送って電子化してみてはいかがでしょうか。

それだけでも、部屋の中は大分すっきりすると思いますし、本の総量が減る分、今後の計画も立てやすくなります。

注意点として、書籍を電子化をする際には裁断が行われますので、元の状態で返却を受けることはできません。

書籍を裁断しないでスキャンを行うサービスもありますが、こちらはその分単価が割高になります。

また、この本だけはこのままの状態で持っておきたい、そうした書籍もあるかと思います。

そうした本は無理に電子化せずに、いつでも見られるよう、本棚に置いておくといいのではないでしょうか。

ただ、紙の本は年月とともに劣化していきますので、その点は気を付けましょう。

そのほかに、今後の対策として、電子化された本や雑誌を買うようにするといいと思います。

中には電子化されない書籍もありますので、その場合は仕方ないのですが、紙の本も電子書籍も両方ある書籍の場合は、電子書籍を買うようにします。

それらを読むための電子書籍リーダーには、Amazonのkindleや楽天のkoboがあります。

まとめ

これまで、部屋いっぱいにたまってしまった多くの本を電子化して、スッキリ整理する方法をお伝えして来ましたがいかがだったでしょうか。

本を買う時は欲しい一心で、それ以上深く考えないでしょうが、その後の整理や処分、電子化の方法などを見ていくと、けっこう大変なことが待ち構えていると分かると思います。

とにかく処分さえできればそれでいいとなれれば整理も楽ですが、読書好きなら思い入れのある本などはどうしても出てきますし、本をためる人には、もともとコレクター気質の高い人が多いと思います。

ぜひ、ご自分に合った方法で、本の整理を進めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です