絶対行ってはならない・・中国地方の心霊スポット6選!

今日ももしかしたら怪奇現象が起きているかもしれない全国各地に存在する心霊スポット!

中国地方にも有名な心霊スポットがいっぱいあります。行ったことで後悔したや恐い目にあったなどの話を良く聞きますので、行かない方が安全です。

仮に行った場合で何かあってもこちらは責任を負えませんのでご了承のほどお願いします。今回はそんな中国地方の心霊スポットをご紹介します。

はっきり言えばかなりド級なスポットなので、記事だけでもかなり恐怖感を味わえると思いますので現地まで行く必要はないと思いますよ。

ではじっくりご覧ください。

絶対行ってはならない・・中国地方の心霊スポット6選!

①貝尾&坂元集落(津山30人殺し事件跡地)(岡山県)

岡山県にある小さな集落で閑散としていて本当に人が住んでいるかさえ疑ってしまうような雰囲気があります。

言わずと知れた八つ墓村のモデルになった津山事件の現場で集落の一部にはおびただしい数のお墓があります。

80年代の事件にも関わらず未だに心霊現象が絶えず、被害者の方々が成仏されていないのではないかとも言われています。

集落を歩いていると凄く空気が重く感じて、中には吐き出してしまう人もいるとか、住民の話では地元の人以外でここに来るとほとんどの人が具合を悪くすると言っており怨念がそこらじゅうで彷徨っている可能性が高いです。

観光地でもないので目的もなく行くのは避けた方が良いです。

②亀ヶ首試射場(広島県)

1800年代の末にできた兵器生産の施設で、戦後に廃止されるまでに爆破事故などがありたくさんの人がなくなったとも言われています。

廃墟とかしているので日中でも不気味感じてしまうほどで、近づきたくなくなります。

怪奇現象が噂されているのは、施設内のトンネルような通路で、よく白い服をきた女性を見かけるという目撃談が多く、しかも日中でも目撃した人が多いらしく、またうめき声や鳴き声なども聞こえるなど怨念が漂っているとしか思えない現象が相次いでいます。

地元の人はめったに近づかないと言われていて、近づく人がいたら遠くから来た人なんだなと思うらしいです。

③松江総合運動公園(島根県)

今でも普通に使用されている運動公園です。

閉園になるまでは運動をしている人の声が聞こえてたりして穏やかな感じですが、夜になって誰もいなくなると誰かがランニングをしているという噂話があります。

ただ、怖いことに夜中に遊び気分で行った際にランニングをする足音が聞こえたらしくこんな時間にと思って、振り向いても誰もいなく帰り道にこのままだとランニングしている人とすれ違うかもと思いびくびくしたらしいですが、すれ違うことはなかったものの常に足音は聞こえたとか…。

実際見たと言う人の話では、片足を失っていて、片足を探して園内を走りまわっているのではないかと言われています。

追いかけまわされたという話は聞きませんが、恐くて話していないだけかもしれません。

④鳥取砂丘(鳥取県)

鳥取県を代表する観光地ですが、実は心霊スポットとしても名が高いです。

夜になると砂浜から手が出てきて引っ張られて吸いこまれると言う話があり、そのほとんどが同じ場所を表していましたが、2011年にその場所から江戸時代の方々の遺体が発見されたらしくもしかしたらと言う話になりました。

ただ、そのようなことがあったので、他の場所でも遺体が埋まっていて今でも…そんな噂が絶えません。実際、遺体が発見された後でもそのような怪奇現象にあったという話があります。

日中は観光地として楽しめますが、夜は行かない方が良いと思います。

⑤七つの家(山口県)

山口県を代表する心霊スポットで、山の中にある廃墟で、一時期はマスコミがきまくっていたことで有名ですが、なぜかある時を境に来なくなりました。

心霊現象がなくなったからではと言われてましたが、実は本気でヤバいのでマスコミが近づかなくなったらしいです。

一家惨殺事件があった、一家で自殺したなどの噂がありますがどれも信ぴょう性がなく、地元の人曰く昔からありほっておいたら荒廃が進んだとか、なら、心霊とは関係ないのではと思いますが、夜になると白い服を着た集団がいる。

うめき声が聞こえるなどの現象は続いているらしく、侵入した人が事故にあったなど、いろいろとヤバそうです。何が原因かもわかっていないので、近づかない方が良いです。

⑥壇ノ浦古戦場(山口県)

言わずと知れた平家の滅亡が確定された場所で源義経が活躍した場所でもあり、安徳天皇がなくなった場所でもあります。

約1000年ぐらい前の出来事でもありますが、未だにその怨念がさまよっているらしく、夜に海に近づくとうめき声や鳴き声が聞こえたり、ひどい場合は海に引きずり込まれそうになったという話もあります。

また甲冑を背負った人を見たという人もいて、未だに平家がさまよっているのではないかと言われています。

もっと怖い場合だと、生首が飛んでいて追いかけまわされたと言う話もあり、夜は近づかない方が良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。中国地方も結構ヤバい心霊スポットばかりです。実際、今でも使われているものもあれば歴史を感じさせるものまであり、本気で恐いですね。

マスコミも近づかなくなったと言われている場所もあるので…くれぐれも行かないことをお進めします。

心霊好きなら抑えておきたい見放題チャンネル

心霊好きなら是非抑えておきたい動画チャンネル「DMM見放題chライト」

『実録!!ほんとにあった恐怖の投稿映像』等の心霊動画が月額540円の低価格て見放題。

月額540円は他社と比べても圧倒的な安さです。

心霊以外にもアダルトや人気ドラマや映画等7,000タイトル以上あり。

ここを見ている心霊好きなあならだったらきっと楽しめるはずです。

そんなわたしも心霊動画見たさに登録しちゃいました・・・

一度「DMM見放題chライト」のサイトで『心霊』と検索してみてください・・

それと

今なら2週間無料のキャンペーン中!!
※無料キャンペーン中に解約すれば料金は発生しません

なので無料期間中に見ちゃうのもありですね・・

▼▼▼心霊動画、アダルト等見放題「DMM見放題chライト」はこちら▼▼▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です