「心霊スポットの呪い」ホントにあると思う?

突然ですが皆様は心霊スポットに行った際に呪いをもらって帰ってくる…なんてことホントにあると思いますか?

インターネットが普及した今日、貴方の近所にある心霊スポットも簡単に調べられる時代になりましたね。

実際に心霊スポットに行った記事や動画なんかもありますから、事前情報を得るには実に便利な時代になったものです。

さて、心霊スポットに行ったお話の中ではある意味定番になっている「呪われた」なんて類の話。

皆様の周りではどのくらいありましたか?私が聞いた範囲ですと、「その後行方不明に…。」「その後不幸が立て続けに…。」

といったある意味定番ともいえる内容の噂話を聞いた記憶があります。

しかし…しかしです。実際の所、私の周りで心霊スポットに行った後に呪いと思わしき不幸が起こったような知り合いは…いないんです…!

噂話の出所を聞いても「友達の先輩から」とか「知り合いの知り合いから」みたいな実に噂話っぽい内容ばっかりです。

これは怖い話をを盛り上げる…いわゆる誰かが「話を盛った」のが広まった…といった恐怖感のオプションなのかもしれませんね。

私自身ヒマ多き大学生だった頃、近県にある有名ないわくつき心霊スポットを数々巡りましたがこの身に不幸など何も起こらず。

やはり心霊スポットにいって呪われるなんてことは無い…と。

そう思ってたんですよ。その日まで。

その日私が行ったのは北陸にある、テレビでも取り上げられた有名なトンネルでした。時間帯は昼です。

事前情報でトンネルに行くまでは狭く険しい道だと聞いていたので、昼間の明るい内に下見をしておいて後日また

暗い時間帯に本格的に散策しようと思っての事でした。私は知らない山道を初めて走る際にはバイクをチョイスするようにしてます。

(車だと細い小路に入ってUターン不能になると恐ろしいので…)この日もバイクでした。

事前情報通りにトンネルへ向かう山道は大変細く険しいものでしたが、その細い道に入るまではむしろ広いワインディングで山奥ゆえに

信号も無いのでむしろ快適なツーリングだったのを覚えています。

そんなこんなでトンネルに到着したのですが、想像していたイメージよりはるかに小さい。

入り口に立つと向こうの出口が見えるほど小さいトンネルでした。「ここが心霊スポット」と事前に知らなければ何も気にしないで通り過ぎてしまいそうな…

そんなトンネルでした。昼間に来ているせいもあって特に何の雰囲気も感じることなく「やや期待外れだったかな?」とか思いながらトンネルに入ります。

このトンネルの中央には「首無し地蔵」という、その名の通り首がもげたお地蔵さんが安置されています。見たところ非常に古いトンネルなので

トンネル工事中に事故があったりしたのでしょうか?とにかく首がイタズラか何かで無くなっているお地蔵さんがあると。

トンネルに入り、中央まで進むとありました。首無し地蔵。本当に首というか頭が無いお地蔵さん。

私はバイクのライトでお地蔵さんを照らし、携帯電話で写真を撮りました。

ここまで何も起こることは無く、ひとしきり下見も終えた私は帰路につこうとトンネルを後にしました。

そして帰り道です。一度通ってきた道をひた戻ります。

誰しも初めて走る道ではカーブの先がどうなっているか分からない等々の意識がありますので、注意深く運転するでしょう。

私も実際トンネルに向かう際は慎重に運転していたのですが、同じ道を戻るとなると道の感覚を覚えている為、行きよりもスピードが上がります。

狭い道を抜けてからは道幅も広がります。どんどんスピードが上がります。信号もありません。どんどんスピードが上がります。

そしてカーブに差し掛かり、バイクを傾けた瞬間私の目に飛び込んできたのは道に散乱する大量の砂。

「あっ」と思う間もなく砂を踏んだバイクは転倒し、投げ出された私はバイクと共に地面を転がり回ります。

路肩の土手に激しく衝突し止りました。

自力で起き上がりバイクを起こして全身を確認すると幸い骨折などは無かったものの、全身に激しい擦り傷。

止血の応急道具などもちろん持っていませんから、「あーあ…やっちゃった…。」とそのまま全身から血をダラダラ流しながら帰宅しました。

さてこちらの私を全身血まみれにしたバイクの転倒。どこからどう見ても私の運転ミスによる単独事故ですね。

そうです…別に何か心霊的な事が原因で起こった事故ではありません。原因は砂です。

ほーら、やはり心霊スポットにいって呪われるなんてことは無い…と…思いたいのですが、流石にお地蔵さんの画像は消しました。

その後は特に何も起こっていません。全身にビーフジャーキーの様なカサブタが出来た事と、ややお高いバイクの修理代がかかったぐらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です