産業用ロボットの安全と起こりうる災害とその対策方法

産業用ロボットとは主に工業業界にて使用されているロボットになります。主にプレス加工工程や製品運搬作業や溶接作業等に使用されているロボットになり多くの企業で使用されております。

しかしながらこのロボットを導入している事によって経験の浅い作業者や新人ロボット操作作業者によって災害が多く発生しているのも現状です。基本的にはしっかりとルールを守っていればこのような災害は発生はしないのです。そこでロボットの安全についてご紹介します。

ロボットの安全について

ロボットの安全についてですが、ロボットはプログラムによってその作業指令を受けています。一度ロボットを起動しますとロボットは指令通り動きますので人や物が周囲にあっても勝手には止まってくれないのです。

その為ロボット操作作業やや点検者がロボット可動範囲に居て、作業者がロボットの起動ボタンを押す事によてロボットが動き出しロボットに挟まれたり、ロボットと接触してしまい災害が発生してしまう事が有ります。この為ロボットを操作・作業するる際には十分に注意が必要となってくるのです。また災害であっても死亡災害も多く発生していますので十分に注意して取り扱う事が重要となるのです。

ロボット操作時はインターロック等の対策が必要

ロボットを操作する時や、点検をする時にはロボット可動範囲に人が入らなければならない時があります。

その時に出来る対策としては、ロボット可動範囲内の安全柵の設置が必要になってきます。ただ単に安全柵を取り付けるのではなく安全柵にロボット可動範囲内に入る際の扉を付け扉に非常停止ボタンを取り付ける事や、インターロックを取り付ける事が重要です。

そして、可動範囲内に入る時には安全柵の扉に見張り人を付け2人作業で行う事が望ましいです。見張り人は万が一に備え作業やが起動ボタンを押さない事を確認しておくと共に、片手で非常停止ボタンをいつでも押せるような状態にしておく事が重要です。

また、操作者はインターロックを必ず機能させて置きインターロックを自分で持って可動範囲内に入る事が重要です。こういった対策をとっておく事によってロボットの災害から身を守る事が出来るのです。

作業者への周知

産業用ロボットを保有している企業はロボットに関する安全や災害事例を作業者に周知しておく必要があります。ロボット操作者であれば資格を持っている場合が多いので安全教育を受けているのでロボットに関する安全は熟知しています。

しかしながら新人作業者や初めてロボット作業に関わる作業者にとってはこのような事は知らない人が多いので、企業として周知させておく事が重要です。

また、ロボット操作者は作業者が不安全な作業を行っていないか常に確認を不安全作業を行っている作業者が居た時には注意や指導する必要が出てくるのです。

また幾ら安全な対策をとっていたとしましても時には災害が発生してしまう事もありますのでロボットの安全柵等に帳票類も明示しておく必要が出てきます。

ロボットが故障して修理する時の安全について

ロボットが突然故障してしまい起動しなくなる事が有ります。その時に注意する点としましては、ロボット内部をさわる際には必ず電源を切る事が大切となってきます。

ロボットは電気によって感電してしまう事もありますので注意が必要になってきます。また万が一‘に備えて感電の危険性もありますので感電しにくい服装などを着て感電防止をする事も重要です。

不安全箇所の対策は常時行う

ロボット作業では不安全作業が沢山ありますし危険個所も沢山あります。そこでロボットを操作する時や作業する時には不安全作業のない作業をする事が絶対必要不可欠となってきます。

不安全作業がある場合や不安全作業な箇所がある場合におきましては日頃から対策や改善が必要になってきます。

これらを見つける為には作業者の作業観察やリスクアセスメントや危険個所の洗い出しが必要となってきます。こういった事を定期的にやっておく事によって安全な作業ができるのです。

また作業者もロボットの安全対策について考える必要があり不安全作業を感じたら対策をとると共にロボット管理者に報告する事が重要となってきます。

まとめ

産業用ロボットには目に見えない作業が沢山ありますので、作業者一人一人が注意をするとともに安全に対する意識を十分に取っておく事が必要となてきます。また、安全だからと言って気を抜いていたりしますとロボットは危険な箇所が沢山あるという事を認識し作業を行う必要があります。

また上司への報告や連絡や相談も重要となります。不安全作業を知りながら黙っておくととんでもない災害となってしまいますので十分に認識しておく事が大切です。ロボット作業では注意してないと死亡災害へと発展してしまいますのでその認識を全員が知っておく事によって災害が防げれます。

ロボット作業は安全な作業を心掛けるようにすると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です