人間関係の悩み|知っておくべきおすすめの哲学者orメンター7選!

お仕事や学校生活で人間関係に悩まされている方はいらっしゃいませんか。

ほとんどの方が人間関係で悩んでいると思います。

そこで今回は人間関係などに困った時に解決方法を見出してくれるかもしれない哲学者やメンターをご紹介します。この方々に関する書物やセミナーなどを参考にしてあなたの人間関係での悩みがなくなれば幸いです。

人それぞれで違いはあると思いますので、あなたが一番共感できる哲学者やメンターを見つけて解決するように努めましょう。

人間関係の悩み|知っておくべきおすすめの哲学者orメンター7選!

①アルフレッド・アドラー

最近何かと注目を浴びてきているアドラー心理学を築いた心理学者で、心理というよりは哲学的な感じの捉え方ができる心理学です。

相手に「こう思われたい」「あの人に好かれたい」そう思うことは、実はご自身のエゴであって、大切なのはこちらが相手をどう思うかであって、相手を思うことによって共同体感覚がうまれ、相手からの視線を気にしなくなるそうです。

最近ですと、「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」という書物がアドラー心理学を簡単でわかりやすく説明されているのでぜひ、ご参考にしてみてくだ

②小林正観

唯物論者で神様や幽霊などといった存在を信じなかった小林正観さんがこの世を楽しくいきるために実践することは神様に好かれることだと説いています。

起きること何でも良いことも悪いこともすでに決まっていることだと考えると何が起きても平気でいられる!もう決まっていたんだと腹をくくることができるそうです。

また、「ありがとう」言う言葉には奇跡のようなパワーが含んでいるので、「ありがとう」をたくさん言っていると、その人に不思議なことが起こるそうです。

「ありがとう」を言い続けて癌が治ったと言う人もいます。

人間関係でうまくいかなくてもそれは決まっていたこと、だから落ち込む必要はないのです。

一喜一憂せずに人生を過ごすことで悩みが消えると説いています。

③山﨑拓巳

経営者で著者「やる気のスイッチ」が大ヒットしている日本を代表するメンターみたいな人です。

人間は言葉や潜在意識に支配される動物なので、口に出したこと、考えていることが起こるようになっている。

だから、悪いことは考えず、良いことを考えるようにして自分の人生を良くしようというふうに説いています。

なので、人間関係で悩んだとしても悪い方に考えず、良い方に考えるようにすることが解決方法です。

良い方に考えるのが難しい人にはセルフイメージをよく考えるようにするだけで、思考が良い方を考えようとするらしいので、ぜひ、良いイメージを思うようにしましょう。

④ヘーゲル

弁証法で有名な哲学者で、倫理の教科書にも出てくるなど歴史的な人物の一人です。

ヘーゲルのとく、弁証法とはテーゼ発信するとアンチテーゼが生まれ、二つを交錯することにより合に至るということです。人間関係で悩み、相手に自分の意見を言っても反論される!

そんな時に役立つ解決方法です。相手から発信されたアンチテーゼを広い考えることにより今よりも最適な方法が思いつくかもしれませんね。

⑤浅見帆帆子

「絶対運が良くなる方法」「宇宙とつながる法則」などあなたが運が良いことを説いています。

不運と思うのは自分自身であって、実際不運ではないのであり、それでも運を実感したいのであれば宇宙からの声を聞くことで運の良さがわかると説いていて、宗教チックな感じもしますが、全然そんなことはなく、普段の生活で感謝から始めればおのずと宇宙と繋がることができるので、常に感謝の気持ちを持つことの大切さを伝えています。

人間関係に悩んでも感謝の気持ちを忘れなければあなたは大丈夫!そんな感じのことを言っています。

⑥高橋歩

自称「自遊人」!世界各地を回っている詩人でもあり、ジャーナリストでもあります。

「夢は逃げない!逃げるのはいつも自分だ」

「嫌だからといって会社を辞めるのは逃げ?嫌なことを続けることのほうが、よっぽど逃げ」

などの勇気の出る言葉をいっぱい話しています。

実業家として働いてる方なので、私たち以上に苦労してきたことがわかるエピソードも多く高橋歩さんから発せられる言葉胸に響きますよ。

ぜひ、人間関係に困った際は高橋歩さんのお言葉やエピソードを聞き、立ち直りましょう。

⑦中島薫

「始めるのに遅すぎることはない」「運に愛される方法」などの著者で、相手に感謝をすること、相手の幸せを願う思うことがご自身への施しになると説いています。

何かを始めようとしても周りからの意見で始められない。けど、決めるのは自分!

また、自分にしてほしいことを相手にすると喜ばれるなど、対人関係の方法を説いています。

サンマーク出版から著書が出ていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。それぞれで色があるので、あなたと考えが一番近い方を参考にして人間関係の悩みなどを解決していっていかがでしょうか。

あくまで参考ですので、必ず解決できるものではありません。けど、知らないよりかは知っていた方があなたにとってプラスだと思います。

ぜひ、この機会に他の哲学者なども参考にしてみてはいかがでしょうか。

人間関係で困った時は悩み続けるのではなく、解決方法を見つけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です