勉強・ビジネス・スポーツに役立つメンタルのコントロール方法!

毎日同じ事を繰り返す中で、マンネリに悩む方は多いのではないでしょうか。マンネリは物事への意欲を奪い、やる気や向上心をも低下させるちょっと面倒な存在ですよね。

更に、たちの悪い事にビジネスシーンや勉強そしてスポーツから私生活にまでマンネリが起きる可能性はあります。そんな厄介なマンネリを自分のメンタル(心理)をコントロールするだけで、意外と簡単に回避できる方法があるのです。

今回はそんなメンタルのコントロール方法を分かりやすく説明して行きたいと思います。

メンタル・心理をコントロールする重要性

初めにメンタルをコントロールする重要性について見ていきましょう。上記に記したようにマンネリに対して何も対策を考えないと自分にとってマイナスな事が増えてしまいます。

例えば以下の様な状況に心当たりがあるでしょうか。ビジネス、スポーツ、勉強の視点で見てみましょう。

(ビジネス)
・早く仕事が終わらないかなぁ
・飽きた、つまらない
・帰りたい
(スポーツ)
・本当はやりたくないけど怒られたくないからやる
・楽しい、面白いと思わない
(勉強)
・退屈
・授業を聞いてるフリ
・早く遊びたい

以上の様にマンネリによって生じるメンタルは自分をマイナスな思考へと導いてしまいます。

これらの例に共通している事は「終わりを早く望む」「飽き、退屈」です。このようなメンタルでビジネスやスポーツそして勉強と向き合った場合、良い結果は大抵でませんよね。

ビジネスの場合は耐えていれば「お金」として結果が出ますが、果たしてマイナスな思考で仕事をしていて辛くありませんか。人によっては体を壊したり、鬱になってしまう人もいますよね。これでは自分の人生は満喫できないと私は思います。

しかしメンタルをコントロールすると、このようなマイナスな思考をプラスにできます。やっている行動は同じでも中身や質が全く異なり、うまく行けば結果も今以上に出せる可能性があるのです。こうした意味でメンタルのコントロールは非常に重要です。

メンタルをコントロールする鍵

では自分のメンタルをコントロールする中で一番重要な事は何でしょうか。それは「目標設定」です。

人間は目標を作る事で以下の様に行動する事ができます。

・目標に向かうためにシンプルで具体的な行動を取る事ができる
・目標によって産まれた、やるべき事に対して集中して取り組む事ができる

このように目標設定をする事によってスムーズに自分の行動へ集中して取り組む事ができるのです。

メンタルコントロール目標設定の仕方

ではここで目標設定のやり方について見ていきましょう。私のおすすめは大きな目標と小さな目標の、2つの目標を最初に作ります。

「大きな目標とは」
最終的に自分が一番成し遂げたいゴール地点

「小さな目標とは」
大きな目標に行くために必要な日々の積み重ねで必要な目標

例えば海外旅行に行く、大きな目標を設定します。次に海外へいつ行くのか、それまでにいくらお金をためるのか、小さな目標を立てます。更にそのお金を貯めるには1日でどれを節約して毎月いくら貯金するのか小さな目標をたてます。

このように大きな目標から小さな目標を枝分かれさせて行きゴールを目指すのです。こうした目標設定をすることによって1日の自分がやるべき事が具体的に分かると非常に物事に取り組み安いのです。

メンタルコントロールをビジネス、勉強、スポーツへ当てはめてみよう

それでは以上のような目標設定を私達の日々で関わる事へあてはめてみましょう。

(ビジネス)
・大きな目標
今月の売り上げを先月の2倍にする
・小さな目標
そのために1日の製造は最低このくらい作ろう。もしトラブルが起きたら残業で埋め合わせしよう。

(スポーツ)
・大きな目標
次の大会で優勝したい
・小さな目標
そのために活躍してるチームの練習に週1日でもいいから交ぜてもらおう。
一週間で最低2日は練習の後に自主練をしよう。

(勉強)
・大きな目標
次回のテストで80点以上とりたい
・小さい目標
学校から帰ったら必ずその日の授業の予習を一時間毎日やる
次の日に先生へ質問する事を必ず1つみつけて学校へいく

このように目標をたてます。ですがこれらは、あくまで例なので自分なりの環境に合った目標を設定してください。

メンタルコントロールによる中身の変化

目標設定を行うことによって、最初にまとめました「終わりを早く望む」「飽き、退屈」のマイナスなメンタルではなく、「次はこうしよう」「飽きて来たから違う方法でやってみよう」「こうしたらもっといいんじゃないか」などプラスな考え方に変わっていきます。

こうする事によって自分に対する集中力が上がり、小さな目標を一個一個成し遂げる事によってモチベーションが上がり自信に変わります。

「今のやり方では目標に届かない、改善しよう」

「もっとこの方がゴールへの近道じゃないか」

こうした思考になることによってその人の取る行動は自然とプラスな結果を導くと思います。

着実に目標を掲げて、それを実行する人は他人の意見に流されたりもしません。そして自分を貫いて大きな目標を成し遂げた時に今以上の達成感、充実と自分への自信が手に入ります。

最後に

日々のマンネリで日々へ飽きを感じて、やる気を落としている方達へ。誰でも人間はどんな人でもやれば出来ると私は思っています。

一度、立ち止まって自分のどんな小さな目標でもいいので、設定して新しい日々を自分で作ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です