初心者でも迷わず買える!クラフトビールのおすすめ7銘柄

最近商品ラインナップもかなり増えたクラフトビール。様々なフレーバーや味を楽しむことができるため、気分に応じていろいろな味を楽しむことができるのが特徴です。また、酒類がかなり豊富なため、選べる楽しさもあるため、非常に人気です。

銘柄によって味もかなり変わってくるクラフトビール。どれを買うか迷ってしまう方も多いと思います。今回は、クラフトビール初心者も迷わずに買うことが可能な、おいしいクラフトビールをご紹介いたします。

クラフトビールと大手ビールの違い
クラフトビールと大手ビールメーカが出しているビールの違いがあまりわからない方も多いと思います。クラフトビールは立ち位置としては、ご当地ビールのような感覚の商品を想像していただけると、理解しやすいです。

クラフトビールは、小規模の醸造所で作られているものが多く、希少性や季節限定のフルーツなどを使った販売期間限定のものなども多く、希少性がある商品が多いです。現在ではネットショッピングやスーパーなどでも購入できるものも増えてきています。

初心者でも迷わず買える!クラフトビールのおすすめ7銘柄

①常陸野ネストビール

世界の名だたるコンテストなどでも金賞を受賞した、日本のクラフトビールの常陸野ネストビール。これは、ベルギーの伝統的な小麦を利用したビールとなっています。大麦を使用するビールとは違い、小麦の爽やかな味と香りが特徴のクラフトビールです。

オレンジピールやコリアンダーなどのハーブを使用しているため、特徴のある香りが特徴です。これのハーブやスパイスと小麦の爽やかな味が組み合わさり、少し個性的でな味と香りを楽しむことができる、クラフトビールです。

②Krielk Max クリーク・マックス

チェリー果汁が多く入っており、濃厚な香りが特徴的なクラフトビールです。フルーティーなビールの中にも苦みも力強く残っており、口に含んだ後の長い余韻が残るのが特徴のクラフトビールとなっています。

アルコール度数も低く、苦みも他のビールに比べると少ないので、ビールの苦みやお酒が苦手な方にもとてもお勧めです。心地よい酸味と甘みを楽しみことができるため、ご飯の後のデザートとして一杯飲むのもとてもお勧めです。

③ミッケラー/フレデリクセン・ウィーゼル・ブランチ

コーヒーの香りが特徴のクラフトビールです。実際コーヒーが含まれているため、漆黒の黒の水色を持つ特徴的なビールです。アーモンドやチョコレートのような甘い香りが特徴的です。甘みと苦みのバランスが非常に取れたクラフトビールです。

チョコレートを口に含んで舌の上で少し溶かした状態で口の中を甘くして、そのあとにこのビールを流し込むと、苦みと甘みを楽しむことができるため、おすすめの飲み方です。ちょっと変わったビールを飲みたいという方にはぜひとも飲んでいただきたい一品です。

④アンカー/スチーム

低めの温度で発酵させるラガービールを常温で発酵させたクラフトビールとなっています。常温で発酵させることによって、フルーティーな香りとコクが増しており、コクと爽やかさの二つをバランスよく併せ持った商品となっています。

一口含んでみると、麦芽糖を彷彿とさせるような甘さが口に広がり、天然の心地よい甘さを体験することができます。常温で発酵させた麦の甘味や旨みを口の中で存分に楽しむことのできる一品として、一口一口をじっくりと楽しみたい一品です。

⑤よなよなエール

日本を代表するクラフトビールと言っても過言ではない、よなよなエール。クラフトビールを初めて飲むならぜひとも飲んで欲しい日本のクラフトビールの一つです。上面発酵させたエールビールで、美しい琥珀色と華やかな香りが特徴のビールです。

百貨店やコンビニやスーパーなどでも気軽に購入できるクラフトビールでもあるため、クラフトビールを飲んでみようと考えている方には、手軽に入手をすることもできるため、非常にお勧めです。キンキンに冷やさずに15度程度に冷やしてゆっくりと飲むのがおすすめの飲み方です。

⑥べアレン・クラシック

ヨーロッパの伝統的製造法で作る、クラシックビールです。製造元は岩手県の盛岡市にある、べアレン醸造所です。苦みとコクがバランスの良い味を出しており、麦の甘みも感じさせるしっかりとした味わいを持っているラガービールとなっています。

くせが非常に少ないため、どのような料理とも相性が良く、何杯飲んでも飽きることなく飲むことができるクラフトビールとなっています。また、「世界に伝えたい日本のクラフトビール」というコンテストでもグランプリを掴むほどの実力のあるビールです。

外国人が太鼓場を押す世界にも通用する日本のクラフトビールをぜひ一度体験してみてください。

まとめ

日本国内だけではなく、世界にはたくさんのクラフトビールが存在します。

クラフトビールは作り手のクセや思いが非常に詰まっており、特徴的なビールも多いです。様々なクラフトビールを飲んでみて、あなたに合うクラフトビールを見つけるのも楽しいですよね。

また、フレーバーや癖の強いクラフトビールも多く存在します。そのため、その日の気分や料理などに合わせて、クラフトビールを選べるようにいろいろな商品をお家にストックしておいても楽しいです。

奥が深いクラフトビールの世界にどっぷりとはまってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です