甲子園に出場経験がある私立だけど公立っぽい名前の高校!

もうすぐ甲子園が開幕します。今年もどんな高校が出場するのか楽しみですね。

強豪校、伝統校、新興校、などいろいろな要素を持った高校が出場しますが、これまでに甲子園に出場した高校で、名前は公立っぽく見えるが、実は私立だったという高校をご紹介したいと思います。

全国にはいろいろな高校があるので、公立っぽい名前の私立もいっぱいあります。

あの松坂大輔を生んだ横浜高校も私立ですが、公立だと思って選手を送っていたという親がいるほどですので、ちょっとここで、日本の高校を違った角度から見てみましょう。

①花巻東(岩手県)

岩手を代表する野球の強豪校で岩手県民からも人気のあるチームです。

名前からすると公立のように思えますが、前身は谷村学院で、それが校名変更して現在の校名に、谷村学院時代を知らない人が多いので、岩手県内でもたまに公立と勘違いしている方がいます。

また、東とありますが、花巻の西部に位置しています。

②盛岡中央(岩手県)

第81回選手権大会に出場し、その後も岩手では上位に勝ち進んでいる高校です。

他県では●●中央高校は公立のケースが多いですが、こちらの高校は私立で、旧名は龍澤高校で、男子校から現在の校名に変更し男女共学に!

しかも盛岡の北西部にキャンパスが位置しているため、校名とは全然違う位置にあります。

進学クラスなどあり、地元の盛岡では人気があります。

③酒田南(山形県)

第79回選手権大会に初出場してからこれまでに計11回の甲子園出場がある山形県の強豪校です。方角系の言葉入ると公立に思えますが、ここも列記とした私立で、一時期は大阪府の上宮高校の系列になっていました。そのためか、関西から進学する人が多く、キャンパス内で関西弁が飛び交うのが不思議でない光景もありました。

現在は山形県民も多く入学している私立校です。

④上田西(長野県)

第95回と第97回の選手権大会に出場したことがある高校で、最近の長野県での新興勢力になっています。

もともとは上田城南から現在の校名に変更した私立校で、長野県内では有名な高校ですが、他県の方々からすると、公立のように思える名前の高校の一つです。

2010年に創立50周年を迎え、これからますます活躍が期待されている高校です。

また、野球だけでなくサッカーにも力を入れています。

⑤倉吉北(鳥取県)

これまでに夏6回、春4回の出場を記録のある鳥取県でも有数の野球強豪です。

特に春はベスト4、ベスト8を経験し、「山陰の暴れん坊」の異名を持っています。

方角系の言葉が入っているので、こちらも公立に思えますが、列記とした私立で、打撃中心のチームを作ることが有名です。ある意味、鳥取県への野球留学を活発にさせるきっかけを作った高校でもあり、いろいろと注目された高校です。

⑥益田東(島根県)

これまでに夏の甲子園に3回出場したことがある島根の伝統校ですが、未だに甲子園では勝利を飾ったことがなく、甲子園での1勝が悲願になっています。

こちらも方角系の言葉が入っているので公立に思えますが、私立です。

自動車科など工業系の学科があり、男子には人気のある高校で、県内外から進学を希望される方々がいらっしゃいます。

⑦神戸村野工業(兵庫県)

これまでに春2回、夏1回の甲子園出場記録を持つ工業高校で、兵庫県内では2番目に古い歴史を持つ工業高校として有名です。

普通、工業高校と聞くと多くの人は公立校だと思いますが、こちらは私立校で、兵庫県では唯一の私立の工業高校で全国でも珍しい部類に入る高校だと思います。

OBには新山千春さんの元夫である黒田哲史さんなどがいらっしゃいます。

⑧三重(三重県)

第96回選手権大会決勝で大阪桐蔭と死闘を演じたことが記憶に新しい高校ですが、その名の通り、三重にある高校で、公立と思っても仕方ない校名ですが私立です。

ちなみに第41回選抜大会で全国優勝を果たすなど、野球では名の知れた高校で、スポーツや進学などに力をいれているので三重県内でも人気のある高校の1つで、生徒数も多く、マンモス校として三重県では有名です。

⑨香川西(香川県)

近年、香川県の野球を尽誠学園、英明、高松商業などと引っ張っている存在ではあります。

2016年に四国学院大学香川西と校名変更したものの、未だに香川西の方が認知度が高く、公立校としても間違えられます。野球部のメンバーのほとんどが関西からの留学生が多く、一時期は地元からも応援されないなどの苦しい時期もあったが現在は香川県を代表するチームに成長しました。

また、サッカーにも力をいれていてこちらは計10回の全国大会出場記録があります。

⑩米子北(鳥取県)

第87回選抜高等学校野球大会に出場した鳥取県の高校です。

方角系の言葉が入っているのでこちらも公立っぽく思えますが、列記とした私立校で、野球より前にサッカーで全国を騒がせた高校でもあります。

鹿島で活躍している昌子選手の母校でもあり、スポーツに力を入れている鳥取県の高校の1つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。方角系が入っていても、工業高校でも、シンプルな校名でも、私立の高校はあるようですね。

もうすぐ始まる夏の甲子園でもちょっとそうした見方で、見てみてもおもしろいかもしれませんね。今年はどんな高校が出場するか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です