平成仮面ライダーのヒロイン特集!実はあの人もヒロインだった!

最近何かとブームが続く仮面ライダーですが、イケメン俳優ばかりが注目のまとではございません!

ヒロインの方々も美女ばかりです!

そこで今回は平成の仮面ライダーシリーズで、ヒロインを演じた女優さんをご紹介します。

あなたのお気に入りのヒロイン女優さんはいらっしゃいますか?

もしくはこの人ヒロインだったの!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ぜひ、じっくりご覧になってくださいね。

平成仮面ライダーのヒロイン特集!

村田和美(仮面ライダークウガ)

初代平成仮面ライダーのヒロインを演じました。もともと狙われた学園シリーズなど、特撮系の番組に出演していたこともあり、違和感がありませんでした。

パソコンを駆使して古代の文字を解読するなどし、仮面ライダーをサポートしました。

秋山莉奈(仮面ライダーアギト)

お尻ーナで有名な秋山莉奈さんも仮面ライダーのヒロインを演じていました。

超能力を持つ少女役で、お父さんを何者かに殺されてしまったなどの悲劇的要素が大きく、最後まで献身的な姿を見せたヒロインでもありました。

杉山彩乃(仮面ライダー龍騎)

「GTO」などの大人気マンガ家・藤沢とおるの奥様でもある杉山彩乃さん(現・藤沢あやのさん)も平成仮面ライダーのヒロインを演じていました。

ミラーワールドを作りだした元凶でもあり、最後は自らが命を絶つことで絶望の世界をリセットするなどした重要なキーマンでもありました。

芳賀優里亜(仮面ライダー555)

様々な脇役で女優として活躍中の芳賀優里亜さんですが、しっかりと仮面ライダーのヒロインで、一旦怪人に殺されるなどの悲劇に合うなどし、過去の自分たちの記憶がよみがえるたびに次々と真相が明らかになるなど、重要な役柄を演じていました。

江川有未(仮面ライダーブレイド)

元巨人軍のエースである江川卓さんの親戚でもある江川有未さんもヒロインでした。

最初はコンピューターを駆使してアンデットの生態や弱点を探るなどしていました。

後半に入ると、姿をくらましていた父親がアンデットとして現れるなど悲劇のヒロインも演じました。

森絵梨佳(仮面ライダー響鬼)

モデルで活躍中ですが、しっかりヒロインをしてました。仮面ライダーに憧れる少年の友達役で、あまり戦闘には顔を出しませんが、最終回はピンチに陥るなど所々でヒロインらしさを出していました。

里中唯(仮面ライダーカブト)

現在は引退してしまいましたが、平成シリーズでも異色のヒロインを演じました。

前半は謎の少女的な感じでしたが、後半に入ると主人公と兄妹の間柄ということがわかり、平和になった世界で真っ直ぐ生きようする姿を見せました。

白鳥百合子(仮面ライダー電王)

電ライナーに乗っている少女で、イマジンさえも恐がる存在として男気ある演技をしました。

放送途中で芸能活動を休業してしまうなどこれからの活躍が期待されていただけに残念な感じでした。

柳沢なな/高橋優(仮面ライダーキバ)

過去と未来の世界感が描かれていて両方でヒロインが存在する物語でした。

どちらの世界でも仮面ライダーに負けまいと闘うヒロインで、平成シリーズでは初めて本格的に戦ったヒロインではないでしょうか。

森カンナ(仮面ライダーディケイド)

現在も女優として活躍している森カンナさん!記念すべき平成10代目ライダーのヒロインを演じ、いろいろな世界に行ってはごたごたに合う感じでしたが、
最後はしっかりヒロインと言う形で終わりましたね。

山本ひかる(仮面ライダーW)

元気な感じのキャラクターを演じていた女優さんで、この時は行方不明の父親の帰りを待つ少女役で、結構、怪人と出くわすなどピンチ的な要素が多かったヒロインです。

高田里穂(仮面ライダーオーズ)

現在も女優として活躍しています。この時は怪人に体を乗っ取られたお兄さんの妹役としてヒロインを演じました。なぜか怪力の持ち主で怪人に一発喰らわせることもありました。

清水富美加(仮面ライダーフォーゼ)

何かとお騒がせな女優さんですが、この時も実はかなりの変わり者のキャラクターとしてヒロインを演じていました。

現実の清水さんと変わらないのではと思える感じである意味当たり役だったのかもしれませんね。

奥仲麻琴(仮面ライダーウィザード)

現在はドラマや女優などで活躍しています。当時は10代で幼さがあった感じがしますが、最後の最後で重要な役柄であったことからしっかりヒロインを演じていました。

また、アイドルグループにも所属するなど活動の幅が広いです。

志田友美(仮面ライダーガイム)

モデルとして活躍中ですが、ヒロインとしてもしっかり活躍していました。

しかも二役をこなすなど平成シリーズでは類を見ない役柄で、しっかりと演技をしていたことにびっくりです。

内田理央(仮面ライダードライブ)

現在は悪女役がハマり役の女優さんですが、この時は婦人警官役で仮面ライダーをサポートするヒロイン役をしっかりとこなしていました。

今の女優活動の方がどちらかと言うと当たり役な感じがします。

大沢ひかる(仮面ライダーゴースト)

幽霊を信じない理化女役で、最初からいろいろと調べては結論を出すなど、献身的に仮面ライダーをサポートしたヒロインでもありました。

清楚感じから優等生を演じるのが上手な感じがしました。

松田るか(仮面ライダーエグゼイド)

ある時は看護師で、ある時はミュージックゲームのキャラクターを演じるなどギャップを出す演技がうまくハマり役かもしれませんね。

これからの活躍が楽しみな女優さんの一人です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。平成仮面ライダーのヒロインの方々!

結構豪華な顔ぶれですよね。もしかしたら、これからの仮面ライダーシリーズのヒロインから素晴らしい女優さんなどが現れるかもしれませんね。

仮面ライダーの少し変わった見方もおススメできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です