ADHDが就職するのは困難なのか?会社での現実とサポート体制

ADHDという言葉を知っていますか?

相手が話す意味を理解したり考えたりする脳の働きに問題がある症状の事です。

18歳までの場合は、発達障害と診断されますが、それ以上の年齢になるとADHDと呼ばれます。

症状は同じで、ADHDと診断された場合は、だいたい子供時代に発症している人が多くいます。

会社内での問題

会社に勤めたADHDの方にとって何が問題にされているのかですが、やはり、症状による弊害が起きてしまうようです。

▪症状の弊害

ADHDの人の場合、じっとしている事が苦手です。いつも動いているという症状が表れます。多動症ですね。
そのため、事務職やディスク作業は苦手とされます。

また、言葉の理解力に問題があるため、人の言っている事が理解出来ないといった問題も出てきます。

コミュニケーションが出来ないのは、会社という職場内で仕事をするには、支障も出て来てしまいます。

▪ADHDの3つの特徴

大きく分けてADHDの人には、3つの特徴が見られます。

1:不注意

・自分がやりかけてた仕事を忘れて違う事をしてしまう。

・整理整頓が出来ないため何をどこへ置いたかわからない。

・好きな事は集中出来るが、そうでないものには集中出来ない。

・記憶出来ない

2:多動性

・落ちついて座っていられない。

・いつもどこかしら動かしている。

・話し出すと止まらない

3:衝動性

・列に並んで待てない。

・人が話てるのを遮り、自分が話だしてしまう。

・その場の空気を読めないため、いきなり叫んだり、喋り出したりする。

・我慢が出来ない。

この中のひとつが当てはまったと言って、adhdという事ではありません。

このような症状を繰り返し頻繁にしてしまう場合、adhdが疑われます。

ADHDにより会社はクビに出来るか

ADHDを理由に会社はクビには出来ません。何故なら日本は労働法があり、病を理由にクビには出来ない労働者を守る法律があるからです。

▪働くADHDの現状

しかし、会社に損害が出たり、仕事が出来ないと判断された場合にはクビにされる事があります。

残念な事ですが、会社もボランティアでやっている訳では無いので、仕方ない処置とも言えます。

事前に病名や症状の告知、また、通院による薬の服用をしっかりしながら、会社が理解しバックアップしてくれる場合もあります。

しかし、現実には、不注意の症状やパニックになりやすい事が頻繁に起きると、会社側も損害を被るために、クビにするしかない状況といえます。

ADHDは働けないのか

では、ADHDの人は働けないのかと言ったら、それは間違いです。

普通より選択の幅は狭まりますが、ADHDに合う仕事を選べば良いのです。

つまりは、ADHDの症状も個性ですから、自分に合った仕事につければいくらでも、働く事は出来るのです。

▪合う仕事

好きな事には集中出来る特色により、自分が好きな分野に進むのが良いです。

しかし、少しのミスや不注意が大きくなるような職業は厳しいです。

個人差もありますが、経理職、研究員、小説家などは、好きならば集中して行えるので合った仕事といえます。

▪合わない仕事

・単調な作業
・営業
・事務職
このような仕事は、避けた方が良いでしょう。

ハローワークには支援がある

ADHDでなかなか仕事が見つからない人に、支援や助成をハローワークで行っています。

▪若年者コミュニケーション能力要支援者就職プログラム

不安がある人に対し、発達障害支援センターや医師との連携をとって貰えます。

適職がわからない人には、何が合っているかも調べてもらえます。

▪発達障害者雇用開発助成金

発達障害者を雇用した会社に、助成金を出す制度があります。

▪障害者トライアル雇用奨励金

短期雇用により試用期間を設け、就職に繋げていく制度です。

▪就労移行支援

就職に不安を抱えている方を支援する制度です。障害者手帳がなくても受けられます。

*このような制度を活用して、自分に合った職場を見つける事で、就職出来る事が出来ます。

▪転職サイトにも障害者サポートがある

ネットなどに掲載される転職サイトの中にも、障害者専用のサポート転職サイトがあります。

最初から障害を知った上で、就職や転職を募集してる会社であるならば、自分の病気を理由に解雇や拒否をする事はありません。

そうなれば、やる気と個性による雇用をしてくれます。ADHDを気にして隠し面接する事もないのが嬉しいですね。

自分の出来る事を探す

やりたい事と出来る事は違います。何回も転職を繰り返している人は、出来る仕事を選んでいないのです。

▪ADHDの良い点

行動力やヒラメキなどは、普通よりすぐれています。
独特の感性も備えていますから、開発などの分野では活気的なアイデアを思いつくかも知れません。

悪いてんばかりに焦点をあてず、良い部分を見れば普通の人よりも優れた資質が見えてきます。

まとめ

この先、福祉分野が進むに従い、会社側の考え方も変えて行かなければならなくなる事でしょう。

人は支えあいながら生きています。いつ自分がその立場になるかわかりません。

そのためには地域や国レベルの対策も必要になります。

良い職場とはお互いを補いながら、上を目指して行くというのが一番素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です