40肩や50肩をテレビを見ながら出来るながら運動の方法

年齢を重ねて急に肩が痛くなったりすることありませんか?

いきなり激痛が走ったり、だんだんと痛くなったり、それって40肩や50肩なんです。

まさか自分がそんなのになるとは思いもしませんよね。

年齢を重ねて運動をする機会が減るのでどうしても肩関節を動かす事が減ってしまいます。

でも安心して下さい。

40肩や50肩は必ず治る症状ですので安心して下さい。

では改善方法を紹介していきます。

40肩や50肩をテレビを見ながら出来るながら運動の方法

1.まず肩が痛くなる原因を知ろう

40肩や50肩の原因は炎症です。

肩関節の関節包や腱が老化することによって硬くなったため炎症を起こします。

かなり痛いときは無理をせずにまずは整形外科に行って下さい。

症状がひどければ肩腱板損傷といい、腱が切れてしまいます。

そうなった場合は手術を行わなければならないので無理はやめましょう。

肩の腱は肩と骨を引き上げる役割をしています。

でも炎症がおきると、腕を上げたとき炎症をおこしている部分が肩の骨とぶつかりかなり痛い事があります。

関節砲は関節を滑らかに動かすクッションのような役割を果たしています。

もし炎症が起きて痛さで長い事動かさないでいると形が変わってしまい肩関節の動きがスムーズにならなくなります。

これらの炎症で長い事動かさないでいると運動障害になる場合があります。

炎症する事によって、腱が石灰化という状態になり肩の骨などが変形して肩を動かさなくなります。

これらが詳しい原因です。

肩を上まで上げることも中々無くなりますし、デスクワークなら特に40肩や50肩になりやすいです。

外仕事などの方は日頃から肩を動かす事が多いのでなる方は少ないです。

つまり日頃の運動不足や筋力不足が原因と言えます。

2.動く範囲で動かしてあげる

炎症が落ち着いてきたら動く範囲で動かす事が大切です。

テレビを見ながらでもいいので肩関節をとにかく動かして上げて下さい。

やり方は以下の通りです。

・手を下に伸ばす
・横に上がるところまで上げる
・痛いときは痛くないところまでで大丈夫
・前や後ろにも動かしてみる

このようにして少しづつでもいいので動かす機会を増やして上げて下さい。

肩関節を動かして上げるとだんだんと温まってきます。

症状を改善するなら肩を温める事がポイントなのです。

2.タオルを用意する

肩を少しづつでも動くようになったら、次はタオル使いましょう。

やり方は簡単ですので無理なく行って下さい。

・まずタオルを両手に持つ
・タオルを自分のお腹に構える
・その後首まで持ってくる
・まだ上がる方は頭のところまで上げる

これも自宅で簡単に行う事が可能ですので是非試して見て下さい。

3.シャドーボクシングをする

上記の動きに慣れてある程度動かすことが出来るようになったら次はシャドーボクシングでのパンチの動きを行ないましょう。

集中して本格的に行う必要は無いのでテレビなど見ながら気軽に行って下さい。

プロのように強いパンチを打つのでは無く、あくまで肩を動かすのが目的なので軽くでも構いません。

シャドーボクシングは色々な動きをする事が出来るので、肩を温めるのに最適な運動です。

4.ゴムチューブを使う

ここまできたらある程度肩が動くようになってきていると思います。

まだフリーウェイトなどの重りを扱うのは早いので無理な負担がかからないゴムチューブを使って改善していきます。

・まずホームセンターなどでゴムチューブを準備する
・ゴムチューブを片手や両手持ち、足でゴムチューブを抑える
・そのまま左右前後に動かす

こうする事で肩関節に無理なく負荷を与える事ができ、筋肉を鍛える事ができます。

少しづつでも衰えた筋肉を取り戻して上げる事が必要になります。

5.ゴムチューブが慣れたらペットやダンベルを使う

ここまでする事ができたら改善するのも後少しです。

もう痛さは無いでしょう。

痛さがあったり、出てきた場合は安静にしたり、また痛さが酷い場合は病院にいきましょう。

ペットボトルを使いエクササイズや筋トレを行ないましょう。

エクササイズは自分でやるのは難しい方は動画サイトやDVDなどを見て一緒に行うとより楽しく出来るでしょう。

トレーニングの方はテレビを見ながら座りながらでも全然構いません。

やり方はこんな感じです。

・ペットボトルを肩の位置に持ってきます。
・そのまま上にあげたり、左右前後に動かす

最初は小さいペットボトルや500mlのペットボトルで行うのをオススメします。

このようにトレーニングが出来るように慣れば改善してきます。

6.湯船に浸かる

寝ている時に痛くなったりする場合は冷えてしまって痛さが出るので温めて上げて下さい。

朝起きてから湯船に浸かったり、寝る前にじっくり浸かったりして上げると少しは楽になります。

寝る時はカイロなどを使いタオルに包んで温める事も効果的です。

まとめ

たくさん紹介してきましたがどうでしたか?

・原因を知る
・動く範囲で動かす
・タオルを使い動かす
・シャドーボクシングを行う
・ゴムチューブを使い鍛える
・ペットボトルなどを使い鍛える
・湯船に浸かったりして温める

40肩や50肩は長い事続く事があるので早く改善したいですよね。

いたからといって放置せずに、整形外科に行ったり、自宅で肩の運動を行って肩関節を温めて上げて下さい。

日頃から意識して肩を動かして上げると改善と予防につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です